アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
  • 電話で話す女性

    選び方

    信管理システムは、多くの会社から販売されています。しかし、どれが自社に適している

  • 案内する笑う女性

    利用するメリット

    信システムの利用は、取引会社の変化を読み取るだけではなく、自社の管理に大変役立ち

  • コールセンターの若い女性

    導入事例を見てみる

    信管理が効率よくできるシステムは、中小企業問わず導入されています。現金の問題を多

基本情報について

指とグラフ

会社は、自社の利益や今後の発展を目的としてスポンサーや取引をしています。
一般的に、建築業だと総合建築会社から請け負った場合、工事の契約書を交わしていきます。
その上で行う工事ですが、これは一般的によくある流れになります。
しかし、その会社自体が、万が一倒産してしまった時、取引をしていた会社にとっては大損失になってしまいます。
最悪のケースになると、連鎖倒産と言って関わってきた数多くの会社が倒産に持ち込まれていくのです。
反対の例で例えると、仕事を請け負っていた会社が突如倒産し、その元で働いていた業者が相手へ払訴訟事件に発展させることもあるのです。
いきなりの損失は、自社だけでなくまわりを巻き込む最大の出来事といっても過言ではないのです。

大切さについて
与信調査とは、これから取引する会社、もしくはすでに取引している会社を事前に調査するというものになります。
しかし、これらをより有効的に活用するには与信管理専用のシステムの導入が先になります。
上記のリスクは、知らぬ間に状況が変化している可能性が高いです。
いきなり倒産に持ち込まれたら、これまで培ってきた会社の売り上げや、理念などが全て台無しになってしまいます。
自社を守る為にも、相手の与信は大変重要なものになるのです。

必要性について
では何故、与信管理システムが必要なのか。会社は、数多くの人間で成り立っています。
当然変化は常に起こっています。数ヶ月、半年、一年と徐々に時間が経過していくと、社内の変更や対仕入先、営業内容、財務内容など大きな違いが必ず見えてきます。
新規で取引を開始した場合、総合的な面で判断し、開始していきます。
始めは順調に進んでいた為、会社の内情の変化に気づくこともありませんでした。
それから半年から一年経過した頃、支払いの条件の変更を求めてきました。
気にも止めずそれに従ったのが運の尽き。それを続けていたら民事再生の法申請という情報が流れてきました。
このような事例は本当に自然にそして突然やってきます。
損がないように、システムの導入と与信管理は必ず必要不可欠なのです。

実情について
新規の取引先との契約や、自社と交わしている取引先に信用が薄い会社はないかの確認は必須になります。
常に会社に気を使うので、頭を使い大変疲れてしまいます。しかし、与信管理システムを導入すれば、簡単に取引先の信用度をチェックすることができます。

オススメリンク

電話で話す女性

選び方

与信管理システムは、多くの会社から販売されています。
しかし、どれが自社に適しているのか、迷ってしまうのは当然のことです。
与信管理システムを探すポイントは、利用目的を明確にすることから始めます。

機能性の…Read more

案内する笑う女性

利用するメリット

与信システムの利用は、取引会社の変化を読み取るだけではなく、自社の管理に大変役立ちます。
中には、自社の業界標準財務比率事態を把握していなかった人も多いと思います。
また、自社の比率は平均以上だから何も心配はないといっ…Read more

コールセンターの若い女性

導入事例を見てみる

与信管理が効率よくできるシステムは、中小企業問わず導入されています。
現金の問題を多く扱う税理士事務所や会計事務所は、地元の人などを中心に多くの客を抱えています。
改めて、新規の顧客を獲得したい場合は、他の事務所との差…Read more

関連リンク